アマゾン真贋調査!アカウント停止を避けるための対応と対策

 

真贋調査は

Amazon.co.jpからの重要なお知らせ

というメールがくることから始まります。

 

アマゾンアカウントが停められる可能性もある真贋調査。

アマゾンセラーからすると恐怖でしかありません。

 

本記事では

・真贋調査とは

・真贋調査がくる要因

・真贋調査が来た時の対応

 

について解説していきます。

 

01.真贋調査とは?


 

簡単にご説明すると

「偽物の商品を販売していませんか?」

というAmazonのアカウントスペシャリストからの調査です。

 

調査の結果によっては、アカウントが閉鎖になってしまい

その時点で発生している売上金は動かせません。

 

 

02.どうして真贋調査がくるの?


要因1

購入者からのクレーム

 

「届いた商品がAmazonの商品ページに掲載されていた商品と違う」

というものです。

 

付属品がない。パッケージが画像とそもそも違う。

なども該当します。

たとえ、商品がパッケージ通りであったとしても

ライバルセラーからの嫌がらせで調査が入ることもあるようです。

 

要因2

メーカーからのクレーム

 

メーカー側からアマゾンにクレームを入れるパターンです。

代理店契約を結んでいるわけでもないのに勝手に売られているという状態です。

 

 

要因3

アマゾンからの調査

 

Amazonのアカウントヘルスの低下など

注文が入っていないのに発送しない。

お客さまからの連絡が入っているのに返信していないなどの理由で

購入者評価が悪くなり、アカウントの評価が低下して、アマゾンから調査が入る状態です。

 

03.真贋調査がきたらどうすればいいの?


 

まずは迅速な対応を心掛けましょう。

 

アカウントスペシャリストは対応の速さや対応の誠実さも見ているので

まずは素早く対応してアカウント停止のリスクを回避しましょう。

 

一番やってはいけないことは、連絡があった時に無視をすることです。

アカウントが停止になるのできちんと対応しましょう。

 

真贋調査には

領収書と請求書が必要となります。

 

まずは領収書と請求書を提出することになります。

この2つが用意できない場合はアカウント停止の可能性が高いです。

 

仕入れ元がメーカーであったり、卸売業者であった場合

領収書や請求書があればほぼ通るようです。

 

仕入れさきが小売業者であった場合は

領収書や請求書があったとしても確実に調査が通るとは限りませんが

それでも迅速に領収書と請求書を用意しましょう。

 

またメルカリ等のフリマサイトで商品を購入して販売している場合には

そもそも新品としてアマゾンで出品することが規約でできないので、

「ほぼ新品」などの扱いで中古として対応しましょう。

 

また改善計画書の提出が求められる場合もあります。

テンプレートにそった改善計画書を作成しましょう。

簡潔に数値をしっかりと記載した上で提出しましょう。

 

04.まとめ


 

真贋調査についてまとめていきました。

アマゾンのアカウントを複数持ったり、新しいアカウント作る事は

基本的にできません。

 

しっかりご自身のアカウントを守る事が大切になります。

 

真贋調査が来てもしっかりと対応できるように

アマゾンの規約をしっかりと守り、領収書や請求書などの資料は

しっかりと準備しましょう。

 

少しでも参考になれば幸いです。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

ブログではお伝え出来ない有料級の副業情報は

こちらをclick!!

 

SHO

税理士法人退社後、インターネットを使った輸入・物販ビジネスをスタート。

現在はビジネスコミュニティの講師

500人以上のコンサル経験あり

福岡から1万人の月収を10万円あげることが夢。

 

☆☆SHOとお友達になりたい方はLINEにてID検索お願いします☆☆

副業情報お聞きになりたい方質問されたい方はお気軽にLINEより

「ブログから」とメッセージ下さい♪

ご質問はこちらから

PCの方はID検索お願いします♪

ID: @iju9924a

☆☆YouTube☆☆

YouTubeで情報発信中です♪

お得な情報配信中♪

ぜひ、チャンネル登録お願いします♪