副業でも開業届けは必要?出すと副業がバレる!?(副業ロードマップ第3回)

 

副業を始める際に気になるのが、届出関係という方も少なくありません。

本記事では

・これから副業を初めてみたいけど届出関係がわからない

・開業届出を出すと会社に副業がバレないか心配

・実際に副業をしているけれど、開業届けを出していないので心配

 

といった方に向けて開業届について解説していきます。

 

副業完全ロードマップの第3回となります。

まだ第1回や2回をチェックされていない方はそちらもぜひ

チェックしてみてください。

 

01.開業届とは


 

開業届とは

 

新たに事業を開始したとき、

事業用の事務所・事業所を新設、増設、移転、廃止したとき又は事業を廃止したときの手続です。

国税庁HPより

 

事業をスタートした日から1ヶ月以内の提出となっております。

 

 

記載事項は

開業した事務所の住所や事業の種類など一般的なことです。

 

特に提出するあたり手数料などもかかりません。

書類に記載して納税地の所轄税務署長(税務所)

に提出することで完了となります。

 

02.副業で開業届を出すメリット


 

開業届を出すメリットは3つです。

 

①青色申告で確定申告を行うことができる

②屋号で銀行口座を解説することができる

③事業所得として認められる可能性がある

 

①について

確定申告には「白色申告」と「青色申告」があります。

青色申告は複式簿記で記帳しなければならないなどの手間はかかりますが、

最大で65万円分の控除を受けることができたり、

赤字を翌年の計算に繰越すことができたりと

様々な特典があります。この開業届と青色申告の承認申請書を提出することによって

青色申告で確定申告を行うことができます。

 

②について

開業届を出すことによって屋号(会社名のようなもの)

で銀行口座を開設することができます。

個人事業の場合経費と個人で使う資金を同じ銀行口座で管理する人もいますが、

そうなるとチェックが大変になります。

屋号で銀行口座を作成することによってその手間が無くなります。

 

③について

副業をしていて開業届を出すメリットとして「事業所得」で確定申告できる

可能性があるという点です。

事業所得として認められるポイントとしては

「安定的な収入を得ておりなおかつその事業だけで生計を立てているか」

です。

副業の場合該当しないように見えますが、

「利益を出すために努力している」

と見なされると事業所得として認められ安くなります。

 

事業所得として認められれば本業で得た所得との損益通算が可能になります。

もし事業で赤字が出ていた場合損益通算することによって税金が安くなります。

 

 

03.開業届けを出すと副業は会社にバレるのか


 

結論から申しますと

開業届を出しているかいないかは副業が会社にバレることと関係ありません。

 

会社が副業をしていることがわかるのは確定申告の住民税の金額を通してです。

住民税は会社から市町村から会社に通知がきてその金額を会社は毎月の給与

から天引きする仕組みですが、住民税は本業と副業を合わせた価格にかかるため

本業のみの場合より、住民税の金額が高くなり会社に副業を知られてしまうという

ケースがあります。

 

この場合、確定申告の際に副業分の住民税は自分で納付する

「普通徴収」という方法を選択することができます。

普通徴収を選択すると会社の住民税はの納付書は会社に行き、

副業分の納付書は自宅に届くので住民税の金額で会社が副業の有無を確認することはできません。

 

 

04.副業で開業届を出すデメリット


 

開業届を出すデメリットとして

失業保険を受けることができない可能性があるということです。

 

失業保険は退職して求職をする際に国から給付金が支払われる制度のことです。

個人事業主として扱われる場合、求職という枠から外れてしまう可能性があり

受給資格を失ってしまう可能性があります。

 

しかしその場合でも個人事業主の廃業届を出すことによって給付金を得られる可能性もあります。

詳しくはハローワークが管轄になっていますので相談してみましょう。

 

05.すでに副業をしているけど開業届出していないけど大丈夫?


 

開業届は所得税法では

事業開始から1月以内に提出が必要と定められています。

しかし開業届を出さなくても特に罰則のようなものはなく、

開業した年の所得を税務署に確定申告すればそれが開業届の変わりになります。

 

ただし青色申告で確定申告をしたい場合には提出が必要となりますので、

注意しましょう。

 

06.まとめ


 

本記事では、

副業の進め方完全ロードマップ第3回として

「副業でも開業届けは必要?出すと副業がバレる!?」

ということで記事を書いてきました。

 

次回のロードマップでは

副業を始める場合個人と法人どちらがおすすめ?

 

ということでご紹介させていただきます。

ぜひご覧になってください。

副業を始めるなら法人と個人事業主どちらがおすすめ?法人化のメリットとは(副業ロードマップ4回)

 

 

福岡副業カレッジでは福岡PARCO5Fで無料で副業相談を行い、

それぞれに合った副業を紹介しています。

副業を初めて見たいという方はお気軽にお越しください。

福岡副業カレッジ 福岡PARCO5F

 

テレビでも紹介されています。

 

→福岡副業カレッジの無料相談はこちらから

 

最後までご覧いただきありがとうございました。