【世界初の黒人の億万長者であり慈善家】オプラ・ウィンフリーが語る人生哲学

 

オプラ・ウィンフリー

 

 

以下wikipediaより

オプラ・ゲイル・ウィンフリー(Oprah Gail Winfrey, 1954年1月29日 – )は、アメリカ合衆国の俳優、テレビ番組の司会者兼プロデューサー、慈善家である。司会を務める番組『オプラ・ウィンフリー・ショー』はアメリカのトーク番組史上最高の番組であると評価され、多数の賞を受賞している。フォーブスの「アメリカで最も裕福なセレブリティ」にて3位。

彼女は20世紀以降のアメリカで最も裕福なアフリカ系アメリカ人、かつては世界唯一の黒人の億万長者であった。また、アメリカの歴史で最も偉大な黒人の慈善家でもある。彼女はいくつかの評価によって、「世界で最も有力な女性」と称される。

 

オペラ・ウィンフリーが語る人生哲学


 

大きな成功を掴むためには必要なことがあります。

 

何よりも大事なことは自分を理解すること。

自分を知ることです。

 

それは自分が何者で、何を求めているか

答えをもつという事です。

 

私は何を求めているか。

私はただの成功者にはなりたくありません。

歴史に名を刻んだり、後世に遺産を残す必要もありません。

 

その代わりに私は私は自分自身をできるだけ最高の形で表現したい。

 

そのためにはビジョンを持たなくてはいけません。

たとえ計画がなかったとしても。

 

自分が向かう方向を選択するという事。

人生の運転席に自分がいないと人生があなたを振り回す事になるの。

 

そして人に奉仕する方法を探しなさい。

マーティ・ルーサーキングは言いました。

 

「皆が有名になることはできないが偉大さは奉仕によって決まるため、皆偉大にはなれる」

 

今は誰もが「有名になりたい」と思っています。

 

そしてただ、有名であるだけでその人を尊敬するようになっています。

認知される事が価値であると思いがちですが、

それらは時間とともに消え去っていくものです。

 

代わりに意味のある奉仕が繁栄していくのです。

 

何を選んだとしても、「重要な奉仕をする」という自身のパラダイムに移ると

成功は必ず後からついてくると約束します。

 

重要な奉仕=成功なのです。

 

常に正しいことをしなさい。

周りに賛同されなくても正しいことをするんです。

 

善良な選択には常に疑念がまとわりつきます。

「これは正しい事?」

「正しい決断なのか?」

です。

 

しかし正しいと思っていることを行えば必ず心の平穏が訪れます。

「正しいことをした」という心の平穏がご褒美なのです。

 

そして人生の大きな選択は全て、あなたから始まり、終わるのです。

 

「自分がこの世界で何になりたいか」

と自問するのです。

 

その答えと自分を繋ぎ合わせ続けるのです。

 

理想の自分に合わせ続ける事ができれば

無力に感じてしまうときでも

自分の内面と向き合うことで

全ては実現可能だと再認識できるはずです。

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

SHO

税理士法人退社後、インターネットを使った輸入・物販ビジネスをスタート。

現在は物販スクールの講師。

500人以上のコンサル経験あり。

福岡から1万人の月収を10万円あげることが夢。

 

☆☆SHOとお友達になりたい方はLINEにてID検索お願いします☆☆

現在無料で月5万円以上稼げる物販ノウハウ動画プレゼント中♪

LINE@ID : iuj9924a

「ブログからきました」と一言コメントください♪ 

☆☆オンラインサロン開催中☆☆

副業収入で旅行に行くサロン

https://camp-fire.jp/projects/view/132429

☆☆YouTube☆☆

https://www.youtube.com/channel/UCAB47YvFA0emNhXjviG6Jjw?view_as=subscriber

お得な情報配信中♪

ぜひ、チャンネル登録お願いします♪

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆